Topページ > 基礎知識 > ソーシャルレンディングにおける不動産担保の抵当権、根抵当権とは
2017年1月31日
伊藤 亮太
この記事は 伊藤 亮太 が監修しています。

ソーシャルレンディングの1つに、不動産担保ローン事業を行っている事業者に対して貸し付けを行う方法があります。この時に、万が一貸したお金が返ってこないときに備えて、不動産を担保とし、抵当権や根抵当権を設定します。

それではこの抵当権や根抵当権とは一体どのようなものでしょうか。こうした専門用語がわかるようになることで、ソーシャルレンディングで安全性を確保した仕組みがしっかり設けられていることがわかるようになるでしょう。

担保とは万が一お金が返せなかった場合の備え

まず、担保について説明します。担保とは、万が一お金が返せなかった場合に、お金を貸した人への返済にまわす備えです。

例えば、不動産を担保にお金を貸したとしましょう。毎月の返済が滞りなく行われ、お金を借りた人が完済すれば、その不動産はお金を借りた人が所有したままとなります。一方、毎月の返済に行き詰った場合には、所有する不動産を売却し、売却したことで入ってきたお金を、お金を貸した人への返済にあてることになります。

こうした担保を設けることで、万が一返済が滞った場合でもお金を貸す投資家の損失が膨らまないような仕組みとしリスクを減らす役割を果たしています。そしてこの担保を用いる方法には、「抵当権」「根抵当権」があります。いずれにせよ、万が一お金が返せなくなった場合に備えて担保を設定する点には変わりありません。

抵当権とは?

まず、抵当権から説明します。抵当権とは、お金を借りる人とお金を貸す人(実際にはソーシャルレンディング運営会社)の間で設定する不動産の担保権です。

仮に3000万円を事業者が借りたい場合に、抵当権を設定して借りた金額と返済日を設定します。不動産を担保とし万が一返せない場合にはお金を貸す人が抵当権を実行するとします。もし事業者が返済できない場合には、不動産は競売にかけられます。これにより不動産を売却できればお金を貸した人は資金を取り戻すことができます。

なお、抵当権は複数の人(企業)が設定できます。ただしいつ設定したかで順位がつきます。お金を貸した1番手の人が資金回収できたとしても2番手は残った売却資金から回収となります。そのため、順位が下になるほどお金の回収は難しくなります。

例えば個人で住宅を買った際に住宅ローンを利用しますが、住宅ローンでは抵当権の設定をしています。

根抵当権とは?

根抵当権とは、抵当権の一種で、毎回お金を借りたり返済したりする度に、抵当権を設定、抹消をする手間を省く仕組みです。例えば、3000万円借りたいときにそれに見合った不動産に抵当権を設定します。その後追加で再度3000万円借りたい場合には、また担保となる不動産に抵当権を設定しなければなりません。こうした面倒さを省くために、まずお金を貸す上限の金額を決めます。その上限のことを「極度額」といいます。そしてその極度額の範囲内で金銭の貸し借りを行います。いつでも上限金額までであればお金を借りることができるようにするのが根抵当権なのです。

例えば1億円を極度額として根抵当権を設定し、3,000万円だけ借りるようなことも可能ですし、その後5,000万円追加で借りることも可能になります。そしてその都度登記をする必要がなく借手と貸手にとっては利便性が高い仕組みとなっております。

ソーシャルレンディングでは抵当権よりも根抵当権が使われます。

まとめ

基本的には抵当権、根抵当権という仕組みを用いることで、不動産担保付きのソーシャルレンディングは安全性を図っています。この他、連帯保証をつけ万が一の場合には保証人に弁済をしてもらうといった仕組みを付けることでお金を貸す仕組みも設けられています。ソーシャルレンディングのシステムではリスクを極力減らすことができる仕組みが存在する点はお金を貸す投資家から見れば安心できる材料といえることでしょう。

基礎知識 の関連記事
ソーシャルレンディングの収入は基本的に雑所得に該当しますので確定申告が必要という点に関しては過去に記事にしております。 確定申告は面倒ですが、基本的...
確定申告の時期に突入していますが、CMや街中のポスターなどでe-Taxという言葉をよく目にするかと思います。e-Taxを使うと簡単に確定申告を行うことができま...
ソーシャルレンディングの案件には様々な担保がつけられていることがありますが、そのうち、質権が設定されているものがあります。普段はあまり聞きなれない...
目次1 高所得者サラリーマンの税制改革による増税の負担大2 不動産所得とは?3 減価償却費ってなに?4 不動産によって課税所得が減るカラクリ5 定額法と定率...
あなたにおすすめの記事
2017年4月のソーシャルレンディングでの運用実績をまとめました。 目次1 分配金2 投資金額の総額3 各社スクリーンショット3.1 maneo3.2 maneo(法人口座)3.3 T...
しばらく更新ができておらずに申し訳ありません。ここ最近は少しソーシャルレンディングへの投資を抑え気味にしようか考え中です。特にソーシャルレンディン...
今年の1月に多少のリスクを取って高利回り案件に投資しようと考えクラウドリースに投資しました。 こちらの案件が早期償還されましたのでまたクラウドリース...
マネオでついに返済遅延案件が出てしまいました。投資していた方には申し訳ないですが、遅延やディフォルト案件は一度出てしまったほうがいいと感じていまし...
Topページ > 基礎知識 > ソーシャルレンディングにおける不動産担保の抵当権、根抵当権とは