Topページ > 基礎知識 > ソーシャルレンディングの仕組みとは
2016年10月31日

ソーシャルレンディングとは近年のインターネットの普及によって出てきた比較的新しい融資のサービスです。融資型クラウドファンディングとも言われますが、ソーシャルレンディングという呼ばれ方が一般的になってきています。海外のソーシャルレンディングでは色々な種類がありますが、ここでは主に現在国内で普及しているマーケット型の説明となります。

ソーシャルレンディングの仕組み

ソーシャルレンディングとは下記の3者によって成り立っています。

・お金を借りたい人(ボロワー)
・お金を貸して利益を得たい人(レンダー)(投資家)
・それを仲介する事業者(サービス提供者)

ソーシャルレンディング

出典:https://crowdcredit.jp/

恐らくこの記事を読んでる方はレンダーにあたる投資家が大半だと思います。そしてサービス提供者がmaneo, トラストレンディング, OwnersBookなどの事業者となります。

お金を借りたい人(ボロワー)は法人、個人ありますが、現在国内では個人向け融資は減ってきている方向にあります。

これまではお金を借りたい法人であれば銀行やノンバンク系から資金を調達するというのが一般的でした。銀行から借りる場合には低金利だが厳しい融資基準や長い審査期間を経ないと借りることができませんし銀行融資の対象外の案件に関しては対応してもらうことができませんでした。そしてノンバンク系からの融資だと高い金利を払う必要がありました。

そこでもっと柔軟に資金を必要としている方に個人の資産を貸し出せるようにした仕組みがソーシャルレンディングです。

ソーシャルレンディング事業者の役割

一般の投資家は貸金業法上、直接借り手にお金を貸すことはできません。投資ではなく融資をするには貸金業の登録が必要となってきます。

そこでソーシャルレンディング事業者た貸金業の登録を行い、投資家から匿名組合契約という形でお金を預かり融資をする形となっております。

この匿名組合契約という形を取ることで、投資家の貸金業の登録を回避することができています。

そしてこの匿名組合契約による融資を媒介する場合には第2種金融商品取引業の登録が必要となりますので多くのソーシャルレンディング事業者は「貸金業」と「第2種金融商品取引業」の2種類の登録をしていることとなります。

ソーシャルレンディング事業者の重要性

ここで重要となってくるのがソーシャルレンディング事業者です。仲介をする事業者は借り手が確実にお金を返してくれて利息を払えるかという審査をしてから一般の投資家に案件を公開します。

ここで事業者の与信審査、担保価値の評価等が甘かったりすると貸し倒れとなり、投資家が損をする可能性があります。

現在の貸金業法の規制上、投資家は融資先の詳細情報を知ることができません。実際には投資家が直接融資先に融資をするのではなく、ソーシャルレンディング事業者が匿名投資組合のファンドという形を作り、そこに投資をする形となっております。

ですので融資先の審査はソーシャルレンディング事業者に頼るしかなく、その見極めは重要となります。

ソーシャルレンディングでの分配金

融資型のソーシャルレンディングに投資した場合には投資家には月々決められた利息の分配金が入ってきます。これは4%~10%と現在の銀行預金とは比べ物にならないくらい高い金利です。

借りてる企業は4%~10%の金利+事業者への手数料(これは大体2%くらいが多い)で合計6%〜12%の金利を事業者へ支払い、それを事業者は手数料を引いて投資家へ分配する仕組みとなっております。

元本の償還

元本の償還は返済方法によって異なります。

元利均等返済の場合、元本の返済は毎月一定額づつ返済されます。
元本一括返済の場合、決められた貸付期間後に一括で返済されます。

元本が全て返済されると案件の終了となります。

基礎知識 の関連記事
ソーシャルレンディングの収入は基本的に雑所得に該当しますので確定申告が必要という点に関しては過去に記事にしております。 確定申告は面倒ですが、基本的...
確定申告の時期に突入していますが、CMや街中のポスターなどでe-Taxという言葉をよく目にするかと思います。e-Taxを使うと簡単に確定申告を行うことができま...
ソーシャルレンディングの案件には様々な担保がつけられていることがありますが、そのうち、質権が設定されているものがあります。普段はあまり聞きなれない...
目次1 高所得者サラリーマンの税制改革による増税の負担大2 不動産所得とは?3 減価償却費ってなに?4 不動産によって課税所得が減るカラクリ5 定額法と定率...
あなたにおすすめの記事
2017年4月のソーシャルレンディングでの運用実績をまとめました。 目次1 分配金2 投資金額の総額3 各社スクリーンショット3.1 maneo3.2 maneo(法人口座)3.3 T...
しばらく更新ができておらずに申し訳ありません。ここ最近は少しソーシャルレンディングへの投資を抑え気味にしようか考え中です。特にソーシャルレンディン...
今年の1月に多少のリスクを取って高利回り案件に投資しようと考えクラウドリースに投資しました。 こちらの案件が早期償還されましたのでまたクラウドリース...
マネオでついに返済遅延案件が出てしまいました。投資していた方には申し訳ないですが、遅延やディフォルト案件は一度出てしまったほうがいいと感じていまし...
Topページ > 基礎知識 > ソーシャルレンディングの仕組みとは