Topページ > 投資案件について > LC Lendingより初心者向けLCビギナーズファンドが募集開始
2017年2月22日

LC Lendingより利回り5%の「【初心者向け・短期運用】LCビギナーズファンド」が募集開始されています。

【初心者向け・短期運用】LCビギナーズファンドについて

利回り 5.00%
期間 3ヶ月
最低投資額 2万円〜
募集総額 1005万円
担保 不動産信託受益権質権
募集期間 2017-02-22 08:49:00 ~ 2017-03-10 15:00:00
貸付期間 2017-03-15 ~ 2017-06-28

ファンド概要

LCレンディングよりビギナー向けと称されるファンドが募集開始しております。融資先F社は株式会社LCパートナーズがアセットマネジメントを行うSPC(特別目的会社)です。

こちらは秋田の土地(底地)に対する融資金となっており、その土地の上にはショッピングモールなどの商業施設が運営されております。具体的な場所に関してはLCレンディングの代表者のブログにて知ることができます。

融資型クラウドファンディング「LCレンディング」社長のblog
 不動産案件特化型ソーシャルレンディング「LCレンディング」代表取締役の山中健司です。1969年茨城県古河市生まれ、栃木県立栃木高校、早稲田大学政治経済学部卒。住...

こちらを見る限り「イオンタウン茨島」の底地であると推測されます。

この土地の売却、もしくは融資の借り換えを返済原資にする予定となっているとのことです。

期待される収益

投資額 10万円
税引き前収益額 1,430円
源泉税 289円
税引き後収益 1,141円

シミュレーションは10万円を期間3ヶ月投資した場合の概算の値となります。

ファンドのリスク

このファンドには下記のようなリスクがあります。

融資先企業の
経営破綻
融資先企業が倒産した場合には元本が全て戻ってこない可能性があります。
事業者の
経営破綻
LC Lendingが経営破綻した場合には元本が全て戻ってこない可能性があります。
担保価値の
下落
返済が実行されない場合には担保を売却すること元本の回収を試みますが担保の価値については現在よりも下落する可能性があるため、元本の全てが戻ってこない可能性があります。
返済遅延 投資した資金は満期までに返済される予定ですが、遅延する可能性もあります。

担保について

担保については当該の土地の不動産信託受益権の質権となります。

3ヶ月の短期ということもあり初心者向けとしては悪くないファンドではないでしょうか?リスクを抑えたい方にはより案件かと思います。

↓バナーのクリックをお願いします!
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

投資案件について の関連記事
LCレンディングより過去最高の利回り10%の「【不動産担保付】事業再生ローンファンド1号」(ゴルフ場買取再生)が3月9日の9:00AMより募集開始されます。 目次...
SBIソーシャルレンディングより利回り7.04%のオーダーメイド型の「SBISL不動産バイヤーズローンファンド13号」が3月7日の9:00AMより募集開始されます。 目次1...
キャッシュフローファイナンスより第1号目のファンド、利回り8.00%の「【不動産担保付】キャッシュフローファイナンスオープン記念ファンド1号(特別配当)」...
CrowdLeaseより利回り10%の「成立ローン20億円突破記念ローンファンド1号」が募集開始されています。 目次1 成立ローン20億円突破記念ローンファンドについて...
あなたにおすすめの記事
2017年4月のソーシャルレンディングでの運用実績をまとめました。 目次1 分配金2 投資金額の総額3 各社スクリーンショット3.1 maneo3.2 maneo(法人口座)3.3 T...
しばらく更新ができておらずに申し訳ありません。ここ最近は少しソーシャルレンディングへの投資を抑え気味にしようか考え中です。特にソーシャルレンディン...
今年の1月に多少のリスクを取って高利回り案件に投資しようと考えクラウドリースに投資しました。 こちらの案件が早期償還されましたのでまたクラウドリース...
マネオでついに返済遅延案件が出てしまいました。投資していた方には申し訳ないですが、遅延やディフォルト案件は一度出てしまったほうがいいと感じていまし...
Topページ > 投資案件について > LC Lendingより初心者向けLCビギナーズファンドが募集開始