Topページ > サービス業者紹介 > maneoの評判と案件について
2016年10月4日

maneoとは

maneoはソーシャルレンディング事業者の中では古くからあり、国内では一番実績のあるサイトです。2016年10月現在のローン成立総額は542億円となっており、いままで一度も貸し倒れ(ディフォルト)は起きておらず投資家にリターンを提供しつづけている会社です。

利回りが10%を超えるようなリスク高めなキャンペーン案件から、5%前後の保証付き低リスク案件まで豊富に取り揃えています。ローン期間が終了して元本が返済された際にもすぐに次の案件に投資できるほど案件は充実しています。

ずばりソーシャルレンディングを始めるにあたって、まず初めに口座を開設すべきサービスだと思います。

まずはmaneoでソーシャルレンディングを初めてみて知識を得るのには最適なサービスだと思います。

maneoが扱う投資対象

maneoでは扱っているファンドは下記となります

・不動産関係の会社を対象にした不動産担保型ローン、及び無担保型ローン
・中小企業の運転資金を支援するローン

それぞれのファンドに対して担保設定の有無、保証の有無があります。

maneoの事業者としての信頼性

maneoは事業者としての信頼性は「高い」と言えると思います

資本金 約3億円
決算開示 自社ホームページにて開示
2016年より四半期毎の情報を開示
経営利益 約3億円(連結)
貸し倒れ なし

それ以外にも複数のベンチャーキャピタルより出資を受けており、複数のVCによるデューデリを受けた結果、将来性があり信頼されたからこその出資だと思いますので、出資を受けているという事実も信頼性を上げる要因になると思います。

特にGMOグループからの出資があり、GMOクリック証券とも提携したことでGMOクリック証券経由でmaneoに投資することが可能になりました。GMOグループの思惑としては集客を担いmaneoを業界トップの位置で確率させて上場させて上場益を得ることだと思いますのでmaneoが上場するまでは破綻させるようなことはしないように協力するはずですので、破綻リスクもかなり低いかと思います。

maneoの実績

成立ローンの総額は 547億1,817万円 業界第一位です。

maneo5

maneoについての雑感と評判

ソーシャルレンディング全般の問題ですが、投資家としては案件の詳細な内容が把握できない為、案件のリスクについては利回りをベースに考えることが多いと思います。利回りが10%を超える案件であればリスクもそれなりに高いと考えられ、利回りが低ければリスクもそれほど高くないのが一般的です。

maneoについては投資家に対するリターンの利回りが5%と表示されている案件があったとして、その案件に対する営業者報酬(maneo自体の事業収益部分)の%がサイト上では表示されておりません。

仮に投資家へのリターンが5%で営業者報酬が5%だった場合
5%(投資家) + 5%(maneo)  = 10%(事業者の調達利率)

事業者側は10%の利率にて融資を受けていることになりリスクに関しては思ったより高いかもしれないということがありますので、利回りである程度のリスクを想定したい場合には投資直前にダウンロードするPDFファイルの最後の方に営業者報酬の記載がありますので必ず目を通すようにしましょう。

この営業者報酬のわかりづらさはmaneoと同じシステムを使っている他の事業者でも同様のことが言えます。

maneoのインターネット上の評判は概ね悪くなく、自分自身も投資をしていますが悪くないと思います。

maneoの管理画面

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2016-10-04-19-52-51
maneoの管理画面のスクリーンショットです、分配予定日も分かりやすく、いつ分配があって元本が戻ってくるかわかりやすいです。

maneoの会社概要

会社名 maneoマーケット株式会社
設立 2007年8月30日
代表者 瀧本 憲治
従業員数 12名
金融商品取引業 第二種
資本金 約 3億800万円

サービス業者紹介 の関連記事
ソーシャルレンディングの知名度が上がってきており、投資家の数も増えている背景もあり、利回りの高く好条件だと思われる案件については募集が開始されても...
2016年10月版の貸し倒れが発生する可能性の低そうなソーシャルレンディング事業者のベスト3です。 目次1 3位 LC Lending2 2位 OwnersBook3 1位 TATERU FUNDIN...
目次1 アメリカンファンディングとは2 アメリカンファンディングが扱う投資案件3 アメリカンファンディングの事業者としての信頼性3.1 アメリカンファンディ...
目次1 クラウドバンクとは2 クラウドバンクが扱う投資案件3 クラウドバンクの事業者としての信頼性4 クラウドバンクの行政処分について5 クラウドバンクにつ...
あなたにおすすめの記事
2017年4月のソーシャルレンディングでの運用実績をまとめました。 目次1 分配金2 投資金額の総額3 各社スクリーンショット3.1 maneo3.2 maneo(法人口座)3.3 T...
しばらく更新ができておらずに申し訳ありません。ここ最近は少しソーシャルレンディングへの投資を抑え気味にしようか考え中です。特にソーシャルレンディン...
今年の1月に多少のリスクを取って高利回り案件に投資しようと考えクラウドリースに投資しました。 こちらの案件が早期償還されましたのでまたクラウドリース...
マネオでついに返済遅延案件が出てしまいました。投資していた方には申し訳ないですが、遅延やディフォルト案件は一度出てしまったほうがいいと感じていまし...
Topページ > サービス業者紹介 > maneoの評判と案件について