Topページ > サービス業者紹介 > ラッキーバンクの評判と案件について
2016年10月13日

ラッキーバンクとは

ラッキーバンクとはラッキーバンク・インベストメント株式会社が運営するソーシャルレンディングのサービスです。

設立は平成26年5月と比較的新しいサービスですが、好条件の6%〜10%案件を次々と出してきており投資家に非常に人気が高く、案件も受付開始と同時にすぐに埋まってしまうほどの人気です。

高利回りな不動産案件を狙っている方には最適のサービスだと思います。

ラッキーバンクが扱う投資案件

ラッキーバンクでは扱っているファンドは下記となります

・不動産関係の会社を対象にした不動産担保型ローン

今のところ全ての案件に担保はついていますが、今後無担保型もあるかとは思います。

ラッキーバンクの事業者としての信頼性

ラッキーバンクの事業者としての信頼性に関しては判断は難しいですが、悪くはないといえるかと思います。

資本金  2億円
決算開示 なし
親会社 不明
貸し倒れ なし

資本金に関しては潤沢にありますが、決算の開示がない点、親会社が不明な点はマイナス評価となります。

代表者に関しては非常に若い方ですが、過去に一度代表者が変わっております。その他どういった経緯で会社が立ち上がり資本金の2億円はどこから調達して、関連の会社はどういった会社あるのかなど明確でない点も少し気になる所です。

ラッキーバンクについての雑感

不動産案件のみで全て担保付きで利回りも6~10%と高く非常に人気のサービスで案件の受付開始から瞬速で満額に達成してしまうことも多く時間前にパソコンの前に張り付いていないと間に合わない事が多いです。

案件のローン期間については1年以下というのは少なく1年〜2年が多いようですので長く預けておくのを避けたい方は投資案件が少なくなります。逆に長く利回りを取りたいかたは良い案件が多いです。

下記は案件一覧のスクリーンショットになります。利回りに関しては総じて高く運用期間は1年以上が多いです。

luck1

ラッキーバンクの会社概要

会社名 株式会社ラッキーバンク
設立 平成26年5月1日
代表者 田中 翔平
金融商品取引業 第二種
関連会社 LBIリアルティ
資本金 2億円
サービス業者紹介 の関連記事
ソーシャルレンディングの知名度が上がってきており、投資家の数も増えている背景もあり、利回りの高く好条件だと思われる案件については募集が開始されても...
2016年10月版の貸し倒れが発生する可能性の低そうなソーシャルレンディング事業者のベスト3です。 目次1 3位 LC Lending2 2位 OwnersBook3 1位 TATERU FUNDIN...
目次1 アメリカンファンディングとは2 アメリカンファンディングが扱う投資案件3 アメリカンファンディングの事業者としての信頼性3.1 アメリカンファンディ...
目次1 クラウドバンクとは2 クラウドバンクが扱う投資案件3 クラウドバンクの事業者としての信頼性4 クラウドバンクの行政処分について5 クラウドバンクにつ...
あなたにおすすめの記事
2017年4月のソーシャルレンディングでの運用実績をまとめました。 目次1 分配金2 投資金額の総額3 各社スクリーンショット3.1 maneo3.2 maneo(法人口座)3.3 T...
しばらく更新ができておらずに申し訳ありません。ここ最近は少しソーシャルレンディングへの投資を抑え気味にしようか考え中です。特にソーシャルレンディン...
今年の1月に多少のリスクを取って高利回り案件に投資しようと考えクラウドリースに投資しました。 こちらの案件が早期償還されましたのでまたクラウドリース...
マネオでついに返済遅延案件が出てしまいました。投資していた方には申し訳ないですが、遅延やディフォルト案件は一度出てしまったほうがいいと感じていまし...
Topページ > サービス業者紹介 > ラッキーバンクの評判と案件について