Topページ > サービス業者紹介 > アメリカファンディングの評判と案件について
2016年10月20日

アメリカンファンディングとは

アメリカンファンディングとはアメリカンファンディング株式会社が運営するソーシャルレンディングのサービスです。

アメリカンファンディングの特徴としてはアメリカの不動産に特化して全ての案件を担保付きで提供しています。利回りも10%前後の案件も多く高利回りな案件を提供していろいます。

アメリカンファンディングは資産をアメリカに分散して担保付きの高利回りな案件に投資したい方にオススメしたいサービスです。

アメリカンファンディングが扱う投資案件

アメリカンファンディングでは扱っているファンドは下記となります

・アメリカの不動産事業者向けローンファンド

担保は基本的にて設定されています。
為替ヘッジも基本的には行っています。

アメリカンファンディングの事業者としての信頼性

アメリカンファンディングの事業者としての信頼性は「まだ低い」です。

資本金 3000万円
決算開示 なし
親会社 111 Capital, Inc. (2006年設立)
貸し倒れ なし

もともと代表の角内氏がアメリカにて111 Capital Incを設立しアメリカにて不動産関係の事業を行っている会社が母体となります。111sociallending.comというサイトで独自でソーシャルレンディングを運用していたようですがmaneoと提携してアメリカファンディングを立ち上げた経緯となります。

111 Social Lending | アメリカ(海外) 不動産ローン特化型ソーシャルレンディングサービス
111ワンイレブンで、米国不動産を担保とした ソーシャルレンディングを始めませんか。 年間予定利回り 5~8%

アメリカンファンディングの関連動画

アメリカンファンディングについての雑感

アメリカの不動産担保型ローンに投資したい場合には似たようなサービスでガイアファンディングがあります。両者ともにmaneoと提携しており特色の違いはそんなにありません。

比較するならばアメリカンファンディングの方が案件の紹介ページにて第一順の抵当の金額の明記がありますので、その点ではアメリカファンディングの方が透明性は高いです。

あとは経営陣のバックグランドを見て判断するしかないのですが、現状の情報ですと限られてきていますので実績が積み上がるのを待って判断するか、両者に分散して投資するか決めていければいいのではないのでしょうか?

アメリカンファンディングの会社概要

資本金 3000万円
会社名 アメリカンファンディング株式会社
設立 平成27年7月
代表者 角内 創
金融商品取引業 なし
サービス業者紹介 の関連記事
ソーシャルレンディングの知名度が上がってきており、投資家の数も増えている背景もあり、利回りの高く好条件だと思われる案件については募集が開始されても...
2016年10月版の貸し倒れが発生する可能性の低そうなソーシャルレンディング事業者のベスト3です。 目次1 3位 LC Lending2 2位 OwnersBook3 1位 TATERU FUNDIN...
目次1 クラウドバンクとは2 クラウドバンクが扱う投資案件3 クラウドバンクの事業者としての信頼性4 クラウドバンクの行政処分について5 クラウドバンクにつ...
目次1 TATERU FUNDINGとは2 TATERU FUNDINGが扱う投資案件3 TATERU FUNDINGの事業者としての信頼性4 TATERU FUNDINGについての雑感5 TATERU FUNDINGの [&hel...
あなたにおすすめの記事
2017年4月のソーシャルレンディングでの運用実績をまとめました。 目次1 分配金2 投資金額の総額3 各社スクリーンショット3.1 maneo3.2 maneo(法人口座)3.3 T...
しばらく更新ができておらずに申し訳ありません。ここ最近は少しソーシャルレンディングへの投資を抑え気味にしようか考え中です。特にソーシャルレンディン...
今年の1月に多少のリスクを取って高利回り案件に投資しようと考えクラウドリースに投資しました。 こちらの案件が早期償還されましたのでまたクラウドリース...
マネオでついに返済遅延案件が出てしまいました。投資していた方には申し訳ないですが、遅延やディフォルト案件は一度出てしまったほうがいいと感じていまし...
Topページ > サービス業者紹介 > アメリカファンディングの評判と案件について